虫歯や歯周病は歯を失う原因です

一般歯科

虫歯の基本

虫歯の原因

虫歯の原因となるのは、ミュータンス菌などに代表される虫歯菌。虫歯菌は、食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、歯を溶かしていきます。これが虫歯のはじまりです。

虫歯の進行度合

進行段階 症状
C0
C0
虫歯になる前兆で、歯の表面が白濁します。痛みなどの自覚症状はありません。
C1
C1
歯の表面のかたいエナメル質が溶けている状態です。歯にツヤがなくなり茶色っぽくなります。痛みはまだありません。
C2
C2
エナメル質の内側にある象牙質に達した状態です。冷たいものや甘いものがしみます。進行が早く、穴が開きます。
C3
C3
虫歯が神経にまで達しているため痛みます。穴も大きくなり、何もしなくても強く痛むこともあります。
C4
C4
神経が壊死するため痛みがなくなります。膿がたまると再び激痛をともないます。

当院の虫歯治療について

唾液を使った虫歯の検査

唾液検査をすることにより、お口の中の虫歯菌の量や虫歯への抵抗力を見極めることができます。唾液には、歯やお口の粘膜を保護する作用があるほか、酸性に傾いた口腔内を元のphに戻し、歯の再石灰化を促進する性質があります。

レーザーを使った虫歯治療

レーザーを使った虫歯治療最近、レーザーを使った虫歯治療が注目されています。当院で導入している「Er:Yagレーザー」は、医療用レーザーの中でも虫歯を削ることを認められた唯一のレーザー。重度の虫歯には不向きですが、水と一緒に使用するため、発熱が少なく、痛みを感じにくいことがメリットです。また、従来のドリルでの切削とは違い、虫歯になっている部分だけをレーザーで蒸発させて除去するため、歯の健康な部分を最大限に残す治療が可能です。

重度の虫歯治療 ?根管治療-

重度の虫歯治療 -根管治療-虫歯が重症化すると歯には大きく穴が開き、歯根の先に膿がたまることがあります。放っておくと激痛と腫れをともない、最後には抜歯を余儀なくされます。そうなる前に行う処置が「根管治療」です。根管治療は、歯の神経を取り、歯の根の中を清掃・消毒する治療です。

歯周病の基本

歯周病の原因

歯周病の原因歯周病になる最大の原因はプラークです。他に喫煙や歯ぎしり、食いしばり、骨粗鬆症、糖尿病などが歯周病を悪化させる原因になるとも言われています。また、歯周病が原因で骨粗鬆症や糖尿病の悪化、心疾患や早産を引き起こすことも最近の研究で明らかになっています。

歯周病の進行度合

健康な人の歯ぐき
  • 歯ぐきは薄いピンク色
  • ブラッシングしても出血しない
  • 歯ぐきは引き締まっている
  • 歯周ポケットの深さは0.5~2mm
歯肉炎
  • 炎症を起こし赤く腫れる
  • ブラッシングすると出血しやすい
  • 歯周ポケットにプラークがたまる
  • 歯周ポケットの深さは3~5mm
中等度歯周炎
  • ブラッシングすると出血したり、膿が出たりする
  • 口臭がする
  • 歯と歯ぐきの境目が腫れる
  • 歯根が露出し、歯が長く見える
  • 歯周ポケットにプラークや歯石がたまる
  • 歯周ポケットの深さは5~7mm
重度歯周炎
  • 歯ぐき全体が腫れ、歯がぐらぐらする
  • 最後には痛みを感じないまま歯が抜け落ちる
  • 歯周ポケットの深さは7mm以上

当院の歯周病治療について

歯周病の検査

歯周ポケット検査

健康な歯ぐきは引き締まり、歯周ポケットは浅い状態です。歯周病になると、この歯周ポケットが深くなり、歯ぐきも腫れてぶよぶよしてきます。歯ぐきの状態をチェックするため、当院では「6点法」を実施。1本の歯につき6つの場所を測定します。

ペリオテスト

当院では、歯周組織の健康状態を診る時にペリオテストを使用します。4秒間に歯を16回打診することで歯の動揺度の測定が可能。-8から+50までの数値で表示され、数値が高いほど動揺度も高くなります。

細菌培養検査 -エスバイ-

エスバイとは、感染により歯の神経を失った際に行う簡易的な細菌培養検査です。細菌は非常に小さくて調べにくいため、人工的に菌を増やして検査します。この検査結果に基づき、歯周病に有効な治療法を決定していきます。

外科手術

外科手術通常、歯周病治療の際に歯と歯の間や歯周ポケットにたまったプラークや歯石を除去する目的でスケーリングなどを行います。ですが、歯周病が重症化してしまうと、それだけでは原因の除去は難しくなります。当院では、スケーリングでは除去できない歯石や膿などを除去するために「歯周ポケット掻爬術」や「フラップ手術」などの外科手術を行います。

歯周再生治療

当院では、歯周再生治療として「GTR法」や「エムドゲイン」を採用しています。ともに歯肉を切開して行う手術ですが、歯周組織を再生させるための仕組みや材料が異なるため、患者様一人ひとりの症状に合わせて治療法を選択します。

レーザーを使った歯周病治療

プラークや歯石には歯周病菌が潜んでいます。当院ではレーザーを使って歯周ポケット内のプラークや歯石を除去して殺菌し、健康な歯ぐきを回復させます。

虫歯・歯周病 治療費(税込)

歯周病治療 治療費(税込)

【検査】

細菌検査 ¥9,100~
CMIテスト ¥850
唾液量検査 ¥200
血液検査(保険適応外の場合のみ自費で請求) ¥3,000

【その他】

エムドゲイン注入手術 ¥40,000
Copyright © おぎはら歯科クリニック All Rights Reserved.